第25号

思春期きらめき講座

 10月7日(火)に菊川保健センターの所長さんと保健師さんの2名の指導のもと、思春期の健康についての講義と実習を受けました。
講義では、思春期の心の変化や妊娠人工中絶の恐ろしさ、胎児の成長の様子などの話を聞きました。

 思春期は、心が成長する時期で不安定になります。親との間に距離をおき、「自分らしさ」を築こうとします。
 また、異性や性の関心が高まります。
 性行為に対する意識が無いまま行為を行ってしまった結果、望んでいない妊娠をしてしまい、妊娠人工中絶をしてしまう人がいます。
 妊娠人工中絶は、子どもだけでなく女性自身の心まで傷つけてしまいます。妊娠する時期などは、パートナーとよく話し合い、考えて決めることが大切だと分かりました。

妊婦体験実習


講義の次に、妊婦体験実習をしました。妊婦体験ジャケットは、約7kgの重さがあります。
女子だけでなく男子も体験しました。7kgは軽そうに思いますが、着けてみるととても重いです。
着けたまま畳の上に仰向けになって起き上がったり、靴下を履く動作をするのはとても大変でした。
短時間しか着けていなくても腰に負担がかかりました。

3つの大切なこと
@生活習慣の見直しと確立。
     A望まない妊娠や出産を避けること。
             B性感染症など病気にかからないようにすること。

感想
妊娠人工中絶は、いけないと分かっていたけど
もし、自分がその状況になったら・・・ということを改めて思いました。
妊娠体験ジャケットは、男子も女子も体験できたので、妊婦さんの気持ちが少しは分かったのでよかったです。