第32号

骨粗鬆症予防講座

1月14日(水)の5、6時間目に、2年総合生活科の食物・福祉コースは菊川保健センターの保健師さんと栄養士さんに
来ていただき、骨粗鬆症予防のための講義と実習を受けました。



最初に保健師さんから骨の仕組みや骨粗鬆症についてプレゼンテーション画面を使って説明がありました。
そのお話から、私達の年代はカルシウムを一番吸収しやすく、骨密度を増やせることが分かりました。
将来、骨粗鬆症にならないために、今のうちからカルシウムをしっかりとる必要があります。

  


次に、サンプルのカードを使って骨粗鬆症予防になる献立を各グループに分かれて考え、発表しました。


  


感想


今回この講座を受けて、今の歳から骨量を蓄えておく必要があると思いました。
将来のためにも骨を丈夫にし、快適なLIFEをおくっていきたいです。