第40号

新生活応援講座&たべんとう作り

2月16日(月)の2時間目に、下関市役所保健部、保健総務課の
保健師の先生と栄養士の先生が来られて新生活応援講座がありました。

まず、保健師の先生から主に健康についてのお話がありました。

生き生き、はつらつとした生活を送るためのポイントは、「規則正しい生活を送る!」ことです。

                    そのための『おしながき』や、睡眠の役割などについて教えていただきました。

おおわらいして健康作り
しっかりみがいて健康作り
ながら運動で健康作り
頑張ろう禁煙・節酒で健康作り
きちんと食べて健康作り

生体時計と地球時計があり、地球の1日は24時間ですが、
生体時計は約25時間となっているのでその時間のずれを朝の光を浴びることで毎日無意識のうちに生体時計をリセットすることができるそうです。


次に栄養士の先生から高校生の食生活についてお話がありました。



みなさんは、平均寿命と健康寿命の違いは分かりますか?
平均寿命とは0歳の子供が生存しうる平均年数のことで、一般に0歳児の平均余命のことを指します。
一方、健康寿命とは日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のことです。

まとめると...
健康で元気な生活を送る第一歩は一日3食をしっかり食べること!
毎日の食事で4つのお皿をそろえるように心がけよう
コンビニは上手に活用しましょう
生活リズムを整えて、心も体も元気に学生生活を送りましょう!
ということを教えていただきました


さらに、3,4時間目に、菊川町食生活改善推進協議会菊川支部の方々に来ていただいて一緒にたべんとう作りをしました。
授業で習ったことを活かして野菜・きのこ・海藻たっぷり高校生の健康弁当を作りました。
私たちみんなで出し合ったおかずの案を栄養士さんがバランスを考えてメニューにしてくださったものです。

      


感想

先生方の指導の下、班の皆で協力して美味しい弁当を作ることができました。野菜の切り方や料理方法を丁寧に教えてくださったので、スムーズに調理を行う事ができました。

野菜が多かったのでバランスも取れて美味しかったです。きのこや海藻があったのでより美味しく感じました。

菊川支部の先生方ありがとうございました!